幼稚園の先生との思い出として跳び箱を

幼稚園の時の思い出というのがいっぱいある人が結構羨ましいです。これらの多くはエレメンタリースクールから神戸では確かに幼稚園に通っていたということはあるのですがあんまり記憶はないのです。しかし、いくつかきちっとした先生との思い出なんかもあったりするので全く覚えていないというわけではないです。その一つの思い出としてあるのが跳び箱の練習です。そうはいっても幼稚園の時ですから跳び箱といっても1段の跳び箱なので本当に今思えば手をついてジャンプすればどうにか前に進むことができるものではありますから、そんなに大変なことではないだろう、とは思うのですが子供の時には何だかやけに強いものに感じてしまって跳び箱の前で手をついてジャンプするというのが嫌でした。しかし、こうしたこともしっかりとやらせるようにするのが先生のお仕事なのかかなりしっかりと時間をかけて練習させてもらうことができました。しかも周りの子からバカにされないようにという配慮なのか分かりませんが、親が迎えに来るまでの時間の間にわざわざ用意して行ってもらいました。最終的にはできるようになりましたが跳び箱が云々というよりは怖いということを乗り越えることができたことが自分にとってはかなりプラスになったことでした。