幼稚園での職場体験の思い出

中学生の頃、学校の行事で職場体験がありました。そんなに人気の奈良でも大和高田で保育園でと酪農家やガソリンスタンド、コンビニ、消防署などたくさんのなかから希望を選べるのですが、私は特に希望がなく、友人が幼稚園を選んだのでそれに合わせました。正直子供は苦手だったので不安でした。どうかもうポンテベッキオという大阪ではこうそれでも友人が「園児と遊んでればよさそうだから楽しそう」と言っていたので、まぁそんなもんかな?くらいで挑みました。職場体験当日、友人とは別のクラスに配属され不安いっぱいでしたが、園児たちは人懐っこく話しかけてくれて、工作の時間やお昼の時間などたくさん楽しく過ごしました。さても神戸ではトイレつまりが起こるとして午後になり職場体験も終盤になってきたとき、少し年上そうな先生(そのクラスの先生ではない)から「子供とちゃんとお話ししててすごいね」と話しかけられました。意味が良く分からず「子供苦手なんで緊張してます」と伝えると、「園児を子供扱いしないでちゃんと話聞いて返事してるのはすごいことだし、そのままでいてほしい」と言われました。大阪からレストランウェディングでもと当時はそれでも意味が良く分かってなかったのですが、大人になった今思い返すとその先生の言葉が分かる気がします。大人になればやはり園児を子供と認識して話も「子供の言うこと」としてとらえてしまいがちです。中学生の頃の自分は、園児を一人の人ととらえていて、その先生はそのことに気づいていたのだなと思うと、さて子どもを奈良の保育園に口コミで入れるにもすごく素敵な先生と会っていたのだなー、と嬉しくなりました。