幼稚園の先生に跳び箱を教えてもらった

私は幼稚園に通っていたのですがその時の思い出としてあるのが跳び箱です。幼稚園の時ですからそれほど高いというよりはねそれこそ1段の跳び箱ではあったのですがとにかく大きいものに向かって走っていくというのが転がった私にとっては、神戸からインターナショナルスクールといえる学校でも跳び箱はとても嫌なものでした。ですからやらないようにとかぐずっていたりしたのですがやらないということとか挑戦しようとしないことをよろしくないと思ったのか先生がいろいろと工夫をして怖くないということを教えてくれました。母親が迎えに来るというのは当然なのですがちょっと遅くなる時とかそういうことがあるわけです。そうしたときに私だけ特別に跳び箱の練習をさせてもらったりとかそういうことがありましたのでその後は別に跳び箱が怖いとは思うようにはなりませんでした。こういう挑戦するということに対しての億劫さと言うか逃げることの癖というのがつかなかったというのは実によかったと今更ながらに思っています。メディカルゲートで見つけるクリニックといえるちょっとした思い出としてそれが強く残っているので何事にも頑張ろうというようなことを幼稚園の先生から教わったような気がします。頑張る、ということを子どもの時からきついもの、つまらないものと考えないようになった、というのはよかったです。

保育園の素敵な入園式

子供の通う保育園は全体で約120名程度の中規模な保育園です。子供クラスは約12名程の園児がおり、男の子、女の子も約半分ぐらいになっております。今のコロナ禍の為に、仕事がテレワークになっているので、私も妻も交代で朝の送り迎えを行っております。昨年の4月から入園となりましたが、こんなバイリンガルスクールが神戸の中でもほんの少しコロナ禍が始まったところで、まだ人混みへの不安もあり、うちは参加しませんでした。入園式はいちおう行われましたが、かなり規模を縮小して、対策を行って対応されたようです。うちも直前までは参加する予定だったので、服や靴も準備していたのですが、思い出も大事だけど、今は健康を優先しようと家で少し着せてあげて写真を撮ったのみにしておりました。本人もまだ2歳であまり理解はしていなかったので、下の子に次は着せてあげようとそのままクローゼットにしまっておきました。コロナウィルスの情報もだいぶ増えてきて、そしてコロナ禍に慣れてきたのか、仕事も増えてきたので、5月の中旬、約1か月半遅れで、保育園に預けることにしました。市川市で痛みの少ない胃カメラはここからどうしてまずは準備も必要だし、ならし保育もある。そもそも他のこの状況も分からないままで、電話で入園式を欠席としばらくお休みをすることを伝えただけでしたので、不安のまま通う事を告げる電話をしました。すると園長先生より、一度ご両親合わせて子供と一緒に園に来て欲しい。時間は11時にして欲しいと時間の指定までありました。何があるのかと思い、行ってみると特別に1人でも入園式を行いましょうという優しい心遣いでした。急いでもう1度家に戻り、クローゼットから服と靴を準備して着替えさせて、入園式を行っていただけました。コロナ禍で保育園も大変な状況だと思いますが、一緒に一度の保育園の入園式を行っていただいて大変感謝しております。息子も貴重な思い出の1つになったと思います。

新任の体育の先生が、幼馴染の裕子ちゃんでした。

岡山生まれの岡山育ちの男性です。私が子供の頃に住んでいた地域は、大原美術館からそう遠くない地区で、いい意味で下町情緒の残っているところでした。ここでエレメンタリースクールなら神戸ではとてもとはいわゆる市営住宅を取り囲むように地位さん戸建てが囲むような街並みで、子供も大人たちも結構仲良しでした。私も母に連れられて地元の井戸端会議に一緒に参加して、子供どおし遊んだり、年上のお兄ちゃん、お姉ちゃんに相手してもらったりして育ちました。私が特に相手してもらっていたのが、神戸へホームページ制作でもどんなにも中学生の女の子で、いろんな遊びを教えてもらったりしました。輪投げをしたり、木登りしたりした元気な女の子でした。裕子ちゃんといいました。私が5歳くらいの時です。楽しい時間はすぐに立ってしまい、私も幼稚園に行くようになり、裕子ちゃんも、関西の大学生になり、岡山から出ていったのでした。口コミで保育園は奈良が一番になるにはここにも私としたら、楽しい思い出でした。その裕子ちゃんと再会する日が突然、来たのでした。私が岡山の小学校3年生の時でした。新しい先生が私の小学校に配属になり、私のクラスの担任になったのでした。綺麗な先生で、体育が専門でした。その先生が、「山口翔君やね。」と言われて、びっくりしました。「そうやね。翔君やね。私よ、裕子よ。」と言われて、初めて気が付きました。昔、一緒に遊んでいた裕子ちゃんが京都の大学を卒業して、私の小学校に新任で赴任してきたのでした。ものすごく驚きましたんが、すぐに昔の距離感が戻ってきてその後の卒業までは楽しい時間を過ごせました。奈良で求人の保育士はとてもたくさんいるのは特に体育の時間は、先生の第一指名で見本を見なの前でする係を務めました。私も運動神経が良いのですが、必ず裕子先生は私を指名するので、こちらが困ったこともありました。そんな私も高校生になり、今思うと楽しい思い出です。

保育園に行くと先生に慰められていました。

私は、小さい頃保育園に行くのがすごく嫌でいやでたまりませんでした。神戸もインターナショナルスクールと呼べる所では理由は両親が共働きだった為、祖父母の家に預けられるのですがそこから保育園に連れていかれるので子供ながらに捨てられてしまうのではないかと不安で仕方がなかったのです。実際、捨てられるわけがないのに子供の頃というのは本当にそう思い込んでしまうと世界の終わりかのような状態に陥ってしまうので、この奈良の大和高田でも保育士を求めることから当時の私はここに置いて行かれたら迎えに来てもらえないのかもしれない、と泣きじゃくって困らせていました。今に思えば、保育園の先生はこういった子供には手慣れているとはいえ、毎朝毎朝泣かれるのを宥めるのは本当に大変だっただろうなと思います。尼崎の胃カメラ検査で評判のクリニックではもうあの手この手で私の気を逸らして笑顔にして何事もなかったかのように夕方のお迎えまで過ごさせてくれた先生には感謝しかありません。一番うれしかったのは、いつものようにぐずって教室の隅で蹲って泣いていた時に、先生がやってきて隣に座って本を読んでくれた事でした。もともと内向的な性格の私は、ここでも評判の保育園を奈良の口コミではとも気持ちの切り替えが出来ずに友達の輪の中に入っていくのが難しかったのでそれを察して二人だけで過ごしてくれたのでしょう。どうしてインターナショナルスクールの神戸からはその時は子供ながらに特別扱いをしてもらえたのだと非常に嬉しかったのを今でも覚えています。