先生が引き出してくれた息子の音楽への可能性

息子が小学3年生の頃の担任が、来年定年のベテラン女性教師でした。彼女は自分のキャリアよりも、教師としての生き方を全うしているかのような素晴らしい先生で、ずっと退職される前に担任をして欲しいと思っていて、子どものことよりも親として期待していました。神戸でどんなインターナショナルスクールといえることははじめ、その先生の厳しさに驚いたようでした。しかし、厳しさの中にも根拠のある説明と、裏打ちされた優しさに、すぐに馴染んで信頼するようになりました。毎日、学校の話をする息子に、先生や友達との良好な関係を感じました。中でも、先生は息子の音楽的センスを発見してくださって、参観日に披露する合唱に、息子はソロパートを与えてもらいました。張り切って歌を練習する息子を見て、本当に充実した3年生の日々を過ごさせて頂いていると喜んでいました。新大塚の歯医者は、どこも人気と評判でのこともお便りにも、「彼の歌声は素晴らしいです。ぜひ、発表会にいらしてくださいね」と書いてありました。当時、息子は少年野球チームに所属していて、練習にも力を入れていたので、学校で音楽を頑張っているのはちょっと驚きでしたが、なにより息子がのびのびと好きなことに取り組めていることで、わたしはとても嬉しかったのです。息子の3年生は、間違いなく煌いていました。2年生までは、言動に荒さが見られ、学校に呼び出されることもあり、悩んだ時期もありましたが、この先生のおかげで息子は自分の人生に価値があることを知ったと思います。自分はやれば出来るということを身を持って知ったのです。先生が定年退職を迎えられるとき、わたしも息子も泣きました。あの出会いがあったから、現在6年生の息子は、今も楽しく学校へ行っています。間違いなく先生は息子とわたしの恩師です。

幼稚園でのイカ掴み遠足、先生が作って下さったプロテクターのお話

子が楽しみにしていた海辺の遠足。内容は保護者的にはどんなものか分からない、奈良で求人の保育士はとてもたくさんのことが烏賊掴み体験ができますよ、というものでした。あらかじめ囲っていただいた浅瀬に園児たちが入り、軍手で烏賊や小魚を掴むという趣旨のものでした。しかしあと数日で遠足という時期になり、息子は運悪く足をケガしてしまいました。多くのエレメンタリースクールの中で神戸でもほんとは片足の脛の下のあたりが化膿していまって、海に入るのが難しいとの診断を受けてしまいました。皆が遠足への期待を高める中で、自分は参加できないのかあとしょんぼりしていた息子。怪我は仕方ないですし、そういうがっかり体験も一つのいい経験になると思って親子で諦めていたのですが。神戸でのインターナショナルスクールなんてのは先生が準備でお忙しいなか、息子用に足の覆いをカラフルなビニール袋をリメイクして作ってくださいました。事務の方がよくアームカバーに使われているような、ゴムで両端をきゅっと絞れるような形の筒です。メディカルゲートで出会える理想のクリニックは「Rくんプロテクターだよ」とニコニコしながら渡してくださって、「R」のかたちに紙を切り取った飾りもつけてある手の込んだものでした。息子はとてもご機嫌になりました。どうしても評判の奈良でも保育園はここが少し諦めていた行事に参加できて、肝心のイカは怖くて少し腰が引けていましたがなんとか触れ合い掴んで楽しく時間を過ごすことが出来、とても思い出に残る行事となりました。

保育園の先生が驚いてくれました。

東京のお受験戦争を幼い頃から経験していた私は、母親が倒れた事をきっかけに母親の実家のある地方へと引っ越しました。
こんなバイリンガルスクールが神戸の中にもあると東京の大学を卒業していた父親は直ぐに企業で就職しましたが、母も働きたいと言い通わされたのが保育園でした。
当時二歳の私が、初めて会う保育園の担任の先生の名札の名前を読んで呼ぶと、先生は驚かれながらも嬉しいと言ってくれたのが今でも印象に残っているせいか、先生の名前もまだ覚えていますが、子どもながらに若くキレイなその女性の先生が素敵に感じました。神戸からこんなインターナショナルスクールではもっと、どうして東京で入学が決まっていた某有名大学付属幼稚部とは違って制服では無いスモックって何などと先生に色々聞いてしまいましたが、いつも楽しそうに笑いながらも誤魔化さずに真剣に話して説明してくれました。
跡から聞いた話では、園長先生が私だけはそうしてあげるべきだと言って下さっていたそうですが周りの子どもと違って扱いが大変だったのではないかと思います。
尼崎の胃カメラ検査で評判のクリニックではちょっと先生に手紙を書いて渡すと、カワイイ便箋でお返事をくれましたが、保育園にアナログ時計を付けて来ると他の子にぶつかったりするだろうし時計が壊れるから止めようと書いてくれていたのに、当時の私には時計が壊れたらまた買うからと言って先生を困らせてしまっていたと思いますので、今でも感謝しています。